酵素ってなに?

酵素とはいったいなんでしょうか。酵素は人間の身体に無くてはならないものなのですが、食べ物や洗剤や胃薬にまで入っているマルチな存在なので、なんとなくすごい働きをしてくれそうなイメージはあっても、実際にはよくわからないという人のほうが多いと思います。

 

化学的に言うと酵素は分子です。そして触媒(しょくばい)です。

 

生き物の身体の中で、摂り込んだ物質を分解したり消化したり吸収したりする生命維持活動に絶対に必要なもので、これがなくては人間も食べ物を食べて生きていくことが出来ません。人間は体内で無数の化学反応を起こす事で生きていますが、酵素がなければその化学反応を起こすことが出来ないのです。

 

食べたものはそのままでは人間の身体の中で使えないので、細かく分解して再構成する必要があります。

 

ほとんどの酵素はたんぱく質で出来ていますが、体内に入ってきたものと化学反応を起こすことで一度バラバラに分解して、身体に必要な形に組み上げ直すはたらきがあります。

 

その中で物質は必要な部分と不必要な部分とに仕分けされ、いるものは吸収されて使われ、いらないものは排泄に回されます。酵素は体内の組み立て工具だと言われることがありますが、工具がなければ部品を作ることは出来ません。

 

生きていくための部品を体内で作り出すためには、酵素という工具が必要なのです。

 

酵素は生物にとって命の根幹に関わるため、古くから研究が盛んでした。発酵技術も酵素のはたらきを利用したものですし、食べ物以外の分野でも工業製品や医薬品として今も広く活用されています。